会社案内
 

 
天武天皇の皇子舎人親王の四世右大臣夏野公が、延歴23年(紀元804年)清原真人の姓と、太秦の地に荘園を賜りその長となったのが清原家の始祖であると伝えられています。
弊社の祖は「つづれ織り」を室町時代に京都の北郊双ケ丘御室の地で始めたとされ、その後代々、家業として相伝。商品としては儀式用の帛紗、懐紙入れを中心として、帯、緞帳等に及んで今日に至っています。その間、大正時代の央に現在の守山に移り、先代清原岩治郎が受継いで個人企業より今日の株式組織に発展させ、商品は滋賀県の伝統工芸指定を受けるまでになりました。
 

 
社   名 株式会社 清原織物
創   業 明治6年(昭和38年迄は個人営業)
会社設立 昭和38年8月1日
代表取締役 清原 憲治郎
資 本 金 24,062,500円
従業員数 41名 出機33名(計74名)
取引金融機関 滋賀銀行守山支店
関西アーバン銀行守山支店
本社所在地 滋賀県守山市今市町136-1
TEL 077-583-5711(代)
FAX 077-582-1522
緞帳工場 滋賀県守山市播磨田町田井中1199-1
TEL 077-583-5711(代)
伊吹工場 滋賀県米原市伊吹町春照1885-5
TEL 0749-58-0165

 
緞帳
舞台装置
舞台装飾(諸幕一式)設計、施工
タペストリー
つづれ織り(手織)カーテン
婚礼用袱紗
袋名古屋帯
打敷
袈裟
数奇屋袋・金封・草履
その他手織つづれ全般


 
緞帳
諸官庁、学校、体育館、劇場、 ホテル、旅館等
つづれ織り製品
全国百貨店、公共団体、諸官庁、卸問屋



     
打敷袱紗・儀式用品袋名古屋帯・小物旗・礼祭用品袈裟・化粧廻タピスリー緞帳
つづれ織りとは会社案内受賞・取材履歴個人情報取扱についてお問い合わせTop
株式会社清原織物提供:清原織物に掲載の記事・写真および図版の無断転載を禁じます。 お問い合わせはinfo@kiyoharaorimono.jpまでどうぞ。