袱紗・儀式用品  
   
 
儀礼的な贈答のときに、贈り物の上にかける布をいいます。
大昔、古代・中世の人々は、物を唐櫃(からひつ)に入れて運んでいました。唐櫃とは、 四本・六本の脚がある箱のことで、書類や宝物を湿気から守るために用いたもの。
贈り物を相手に渡すとき、唐櫃の蓋を返して、その上に載せて差し出していました。
その上に載せていた蓋だけが、鎌倉時代に独立して使われるようになったのです。
そうなると、貴重品が蓋の上に載っていると中身が見えてしまいます。砂ほこりが起これば、ほこりだらけ・・・
それでは、困ると思い、着物の袂(たもと:袖)を贈答品に掛けたことから、袱紗 の歴史が始まりました。



家紋入り別誂え  お家用セット ふくさ・ふろしき・広蓋 

 
儀礼用セット

 

お嫁入り用セット
 
風呂敷/白山紬・ちりめん家紋入別染ふろしき
素材:絹100%
 

 
打敷袱紗・儀式用品袋名古屋帯・小物旗・礼祭用品袈裟・化粧廻タピスリー緞帳
つづれ織りとは会社案内受賞・取材履歴個人情報取扱についてお問い合わせTop
株式会社清原織物提供:清原織物に掲載の記事・写真および図版の無断転載を禁じます。 お問い合わせはinfo@kiyoharaorimono.jpまでどうぞ。